二十年に一度の三ツ山大祭

3月31日~4月7日まで播磨国総社で行われている三ツ山大祭
シンボルである「置き山」を見に行ってきました。

三ツ山大祭とは、平安期に藤原純友の乱・平将門の乱の鎮静を願って天慶2年(939年)
「天神地神祭」に由来するとされていて、天災や国中安泰を願う時に不定期に行われていました。
式年となったのが天文2年(1533年)より20年に一度行う事が定められました。



三つの山にはそれぞれ二色山/五色山/小袖山と呼ばれ、二色山には播磨国の大小明神、五色山には九所(くしょ)御霊(ごりょう)大神、小袖山には天神地祇(国中の神々)をお迎えします。
お迎えした神々を本殿の神様「射(い)楯(たて)神」・「兵主(ひょうず)神」が、この時特別に神門の屋根の上に設けられる門上殿までお出迎えし、三つの山にお迎えした神々を接遇されて、共に国の平安と発展を祈ります。
 (抜粋)

  置き山

行ったのは初日で、千人稚児行列の後だったので
飾り付けされた稚児たちをたくさん見ました。

そして、山
高さ16m 直径(底部)10m あります。

      小袖山

そして総社へお参り

  総社


お参りした後は、桜を少し見に姫路城へ

歩いても5分ぐらいのところにあります
でもこの日、天気がいまいち

     姫路城

桜は8分ぐらい咲いていてお花見の方が多く来られていました。
観桜会は今週の6日に行われる予定です。

  桜 桜

ちらっと撮っただけで帰ってきました。

こんなスタンプラリーも
この横にスタンプが置いてありました。

          スタンプラリー
     
          スタンプラリー


           にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
            にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する